創価ネット

創価ネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

APF通信

APF通信
中央日報長井さんはフリージャーナリストとしてパレスチナやイラク、アフガニスタンなど紛争地域を中心に活躍し、10年前、APF通信社と契約後、動画や写真取材をしてきた。亡くなる2時間前には「比較的静かだ。通りの状況を確認しながら取材する」 . ...(続きを読む)


APF通信
ミャンマーでデモ隊を取材中に治安当局による銃撃で死亡した長井健司さんが契約するニュースプロダクション会社、APF通信社の代表が29日、現地に到着しました。出迎えた日本大使館員とともに直ちに市内の病院に向かい、長井さんの遺体と対面してい . ...(続きを読む)


APF通信
一方、ミャンマーで反政府デモを取材中に銃撃され死亡したジャーナリスト長井健司さん(50)が契約していたAPF通信社の山路徹社長は同日午前、遺体を引き取るために、成田空港から現地に ...(続きを読む). 日、ミャンマー危険度格上げ ...(続きを読む)


APF通信
ミャンマーのヤンゴンで軍事政権によるデモ隊の鎮圧中、治安部隊の発砲で日本のニュースプロダクション会社・APF通信社の契約記者、長井健司さんが死亡したことを受けて、現地の日本大使館は、28日、長井さんが撃たれて死亡した経緯などについて ...(続きを読む)



ミャンマー取材中に邦人カメラマン死亡
日刊スポーツ
大規模な反政府デモが続くミャンマーで27日、APF通信社(東京都港区)の契約記者カメラマン長井健司さん(50)が、同国最大の都市ヤンゴンでの反政府デモの取材中に、治安部隊の発砲を受け死亡した。弾丸は心臓を貫通していたという。APF通信によると、長井さん ...(続きを読む)


薮中外務審議官、邦人記者射殺の全容解明を求めミャンマーに出発
AFPBB News
長井さんの遺体と対面した、同氏が契約していたAPF通信社(東京都港区)の山路徹(Toru Yamaji)社長(46)によると、遺体には至近距離から撃たれた痕跡があり、ほとんど即時の状態だったという。 日本の報道機関が29日に伝えたところによると、ミャンマーの主要支援国で ...(続きを読む)


至近距離から背中に一発=APF社…
時事通信
長井さんが契約していたニュースプロダクション「APF通信社」の山路徹社長(46)が、遺体を解剖した医師と旧首都ヤンゴン市内で面会。内容を同社に報告した。 同社によると、山路社長は現地時間同日午後6時半ごろ、医師と面会。医師は「弾は一発と推定され、右胸 ...(続きを読む)


ミャンマー「長井さん死亡に謝罪
中央日報
APF通信社の契約カメラマン、長井さんは27日夜、反政府デモが続くミャンマーのヤンゴンで取材中に死亡した。長井さんは、鎮圧軍の銃撃で倒れた後も撮影を続け、大きな反響を呼んだ。 また、高村外相はウィン氏に「報道を見る限り、至近距離から射殺されており、 ...(続きを読む)




★ハゲ&デブから生還した管理人(ヤマト)の絶対お勧め情報↓

【痩せなきゃ全額返金】たった40分で2キロ痩せるダイエット法!

【生えなきゃ全額返金】ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!メール相談あり


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。